グランドスタッフになるには?

各地の空港で接客を担当するグランドスタッフは、航空インフラの一翼を担うなくてはならない職業です。

「空港で世界中の人をおもてなししたい」「航空会社の制服を着て働きたい」といった気持ちからあこがれを持つ人も少なくありません。

グランドスタッフになるために必要な学歴や資格、就職までのルートについてご紹介します。

 

グランドスタッフになるまでの過程

グランドスタッフになるには、高等学校を卒業後に専門学校、短期大学、大学のいずれかに進学し、

在学中に就職活動をして採用されるルートが一般的です。

高等専門学校(高専)や大学院を経て就職することもできます。

 

グランドスタッフになるには「短大・専門卒以上」の学歴が必要

グランドスタッフの求人に応募するには、短期大学・専門学校・高等専門学校・大学・大学院のいずれかの卒業資格が必要です。

基本的にほとんどの航空会社では高卒者は採用していません。

グランドスタッフを目指すなら、高校を卒業後は進学を目指しましょう。

グランドスタッフへの就職に有利な学部・学科は特になく、企業側から限定されることもありません。

短期大学や大学を「就職に役立つ知識が学べる」という視点から選ぶなら、

語学力を高められる「外国語学部」、インターナショナルな教養や感覚が身につく「国際学部」などがあります。

また、観光業界について学べる「観光学部」「観光ビジネス学部」なども選択肢に入るでしょう。

より短期間で実践力を身につける専門学校では「外国語専門学校」や「観光系専門学校」、

航空業界に特化した「エアライン系の専門学校」などが候補に挙がります。

 

「ハンドリング会社」とは

ハンドリング会社とは、空港で地上業務に関するサービス全般を提供する会社のこと。

グランドスタッフを雇用するのは、飛行機を運航する航空会社が委託するハンドリング会社です。

 

ハンドリング会社には航空会社のグループ企業もあれば、空港の運営業務を幅広く請け負うハンドリング専門企業もあります。

航空会社系列のハンドリング会社として代表的なのは、ANA傘下の「ANAエアポートサービス」、JAL傘下の「JALスカイ」などです。

 

グランドスタッフになるためのおすすめ進路

グランドスタッフになるには、まず高校卒業後の進学先について考えましょう。

ハンドリング会社では学歴別に採用人数を決めているわけではありませんので、専門学校卒・短大卒・大学卒に大きな差はありません。

早く社会に出たければ2年で修了できる専門学校や短大がおすすめです。

大学に比べると学ぶ期間が短いぶん学費も抑えられ、経済的にもメリットがあります。

時間をかけてより幅広く学びたいなら大学を選びましょう。

短大や大学に通いながらエアラインスクールに通い、採用試験への対策をするといった方法もあります。

 

グランドスタッフの高倍率を突破するには

グランドスタッフになるためには外国語のスキルが必須。

もっとも重要なのは英語ですが、それ以外にも使いこなせる言語があると面接や実務で有利です。

もちろん正しく美しい日本語を話せることも大切ですので、語学全般に関するスキルを磨いておきましょう。

ホスピタリティという観点でいえば手話なども役に立ちます。

グランドスタッフは空港や航空会社の顔でもあるため、

「所作が上品で美しい」「受け答えがハキハキしていて分かりやすい」といったことも評価されます。

 

留学して語学を磨くのもおすすめ

選考で差をつけたいなら留学もおすすめです。

外国語が身につくのはもちろんのこと、異国の文化に触れ見識を広めることで人間的に成長できます。

しかし単に留学経験があることがそのまま有利になるわけではなく、留学を通じて何を学ぶかが大切です。

たとえば留学の成果として「外国語の細かいニュアンスの違いが理解できる」「TOEICのスコアが850点以上」

など抜きん出たスキルを身につけていれば、大きくアピールできます。

 

グランドスタッフの採用条件をおさらい

グランドスタッフの求人で提示される一般的な採用条件はこちら。

細かい部分は企業によって違いがありますので志望企業の採用条件は早めにチェックし、

問題なくクリアできるように進学・学習のプランを立てましょう。

 

  • 学歴(短期大学・専門学校・高等専門学校・大学・大学院)
  • 英語のスキル(TOEIC550点以上、英検2級以上など)
  • 土曜・日曜・祝日も出勤可能
  • シフト勤務(早番・遅番)に対応できる
  • 定められた範囲内に居住している(空港まで1時間以内など)

 

グランドスタッフは年齢を重ねても続けられる職種

グランドスタッフは女性の割合が高い職業です。

そのため結婚や出産を機に仕事を辞めて家庭に入る、いわゆる「寿退職」が多いというイメージを持つ人も少なくないでしょう。

そういう選択をする人ももちろんいますが、経験が重視されるため年齢を重ねてからも続けられる職業です。

ベテランになればスタッフをまとめるリーダーとなり、新人スタッフを指導・育成するなど責任ある立場を任されるようになります。

 

まとめ

グランドスタッフになるには、高校卒業後に進学し、専門学校や短大、大学など卒業する必要があります。

ただし道は1本ではありません。進学先を決めるときは、必須スキルである語学を磨くことを考えつつ、

自分に必要な知識を学べる進学先を選びましょう。