キャビンアテンダント(CA)を目指す人が持っておきたい「語学力」や「学歴」とは ?

憧れの職業として、今も昔もそのリストに上がる職業キャビンアテンダント。

キャビンアテンダントを目指している方にとって「学歴」や「語学力」といった要素は気になるところではないでしょうか。

今回はキャビンアテンダントになる為の必要な学歴がどういったものなのか、また必要な語学力についてご紹介します。

 

キャビンアテンダントになるために必要な学歴

キャビンアテンダントになる為には以下の学歴が最低限必要です。

 

  • 短期大学、専門学校(2年制)卒業程度の学力を有する。
  • 専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院の文系学部・理系学部(全学部)をすでに卒業または修了している。   
  • 専門学校・短期大学・4年制大学を既に卒業している、および卒業見込みがある。
  •  大学・短期大学または2年課程の専門学校を卒業している。

 

必要とされる学歴は航空会社によって異なりますが、基本的に多くの航空会社で専門学校・短大・大学卒業以上の学歴が必要とされます。

したがって日系航空会社は原則的に高校卒業後すぐキャビンアテンダントにはなれません。

また航空会社によっては上記のような学歴に対して言及しておらず、年齢や英語力だけが明記されている場合もあります。

 

学部や学科の制限なし

基本的な専門学校・短大・大学卒業以上の学歴は必要ですが、一方で学部や学科の制限はありません。

また短大・大学の知名度や偏差値が求められるようなことも他の業種より比較的少なく、

取り分け有名な大学を卒業している必要はありません。

 

キャビンアテンダント(CA)になるために必要な資格は?

キャビンアテンダントに求められる能力の中でも、語学力は特に重要です。

多くの航空会社では募集要項にTOEIC500~600点以上の語学力を条件として記載しています。

特に外資系では、TOEIC600~800点以上が応募条件とされています。

試験も基本的に英語ですからビジネスレベルの高い英語力を身に付ける必要があります。

また日系航空会社でも、英語試験や英語面接を行う場合もあります。国内の航空会社であっても程度の英語力が必要といえるでしょう。

 

有利と思われる学校や学部・学科

先述のように特に学部や学科、卒業した学校の知名度・偏差値が求められるわけではありません。しかしながらキャビンアテンダントを目指すうえで有利と思われる学校や学部・学科が存在するのも実状です。

特に以下の条件を満たしている学校が有利とされています。

 

  • 語学に関連する学部や学校
  • キャビンアテンダント採用者を輩出した実績が多い学校

 

それぞれの条件について詳しく見ていきましょう。

 

語学に関連する学部や学校

語学(英語)はキャビンアテンダントになる為の必須の要素です。

当然ながら語学系専門学校や、大学の語学系の学部・学科を選択するのがおすすめです。

キャビンアテンダントは実際の採用試験のみならず実務でも高い英語力が求められます。

外資系であればビジネスレベルの英語力は必須です。

日系の航空会社であれば面接時でも、最低限高校レベルの英語力は求められます。

また外資系の航空会社を選択する方の中には、

日本の専門学校・短大の場合卒業後、海外に留学してからキャビンアテンダントを目指している方も少なくないようです。

 

キャビンアテンダント採用者を輩出した実績が多い学校

どの業界も同じことがいえますが、その業界に特化した専門学校や採用者が多い学校は就職に有利です。

キャビンアテンダントの場合も同様に、合格者を排出した実績の多い学校を選ぶのがおすすめです。

専門の講師による航空業界に特化したカリキュラムを受けることができる為、就職活動を有利に進めることができるでしょう。

また合格実績が多いということは、それだけ採用に必要な情報・ノウハウを得られるということでもあります。

過去の採用事例から必要な情報をピックアップして就職活動に役立てることができます。

その他にメリットとしてあげられるのは専門性のある学校・学部特有の雰囲気です。

同じ目標に向かって進む仲間同士で作られる環境は、ライバル意識を生んだり、

苦しい時期を一緒に乗り越えたりと、モチベーションを維持する上で非常に有効です。

 

大卒が有利とは一概に言えない

キャビンアテンダントを目指すにはやはり大学に進学するのが一番なのでしょうか。

 

実は必ずしも大卒が有利とは一概にはいえません。

企業の中にはエントリーシートに大学名を記入しないケースも多くあります。

実際の就職者数で見ると、キャビンアテンダント専門学校も大学とほぼ互角の数字になります。

つまりキャビンアテンダントとしての採用率はほぼ変わらないということです。

また大学と違い、専門学校では学習内容が航空業界に特化しています。その分採用後の即戦力性という意味ではむしろ専門学校の方が有利といえるでしょう。

 

まとめ

キャビンアテンダントを目指すのに、特に知名度の高い大学を卒業している必要はありません。

むしろより航空業界の知識が学べる航空系の専門学校がおすすめといえるでしょう。

IAAはキャビンアテンダント・グランドスタッフを目指す方専門の学校です。

高卒・短大・大学卒の他、社会人の方のコースも用意されています。

IAAはキャビンアテンダントになりたいと思うあなたの情熱を応援します。