キャビンアテンダント(CA)のお仕事内容とは?

世界中を股にかけて飛び回るキャビンアテンダントは、華やかなイメージが強い職業です。

しかし、キャビンアテンダントの仕事は華やかで魅力的な部分だけでなく、時には大変な思いをすることもあります。

この記事ではキャビンアテンダントの具体的な仕事内容について詳しく紹介していきます。

キャビンアテンダントを志望している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

キャビンアテンダント(CA)の主な仕事内容

キャビンアテンダントの主な仕事内容は、大きく分けて「機内サービス業務」と「保安業務」の2つです。

機内食の準備や新聞・雑誌などの回収を行う機内サービス業務は、過去に飛行機に乗ったことがある人であればイメージしやすいでしょう。

しかし、機内の安全確保などを行う保安業務については、具体的な仕事内容を知らない人も多いと思います。

まずはそれぞれの業務について詳しく解説していきます。

 

機内サービス業務

「キャビンアテンダント」と聞くと、恐らく多くの人が機内サービス業務を連想するでしょう。

キャビンアテンダントが行う機内サービス業務には、具体的に下記のような仕事が挙げられます。

  • 飲み物や機内食などの提供
  • 免税品などの機内販売
  • 離発着時や非常時の機内アナウンス
  • 新聞・雑誌・毛布などの配布・回収

これらの業務は基本的に国内線・国際線で大きな違いはありません。

しかし、国際線の場合はこれに付随して入国書類の配布などの業務が発生します。

さらに小さな子どものお世話をしたり、搭乗中のお客様からの問い合わせに回答したりと、

お客様ごとに異なる様々なリクエストに臨機応変に対応する必要があります。

お客様が一人ひとりが機内での時間を快適に過ごせるよう、柔軟なサービスを提供することがキャビンアテンダントの重要な仕事です。

 

保安業務

保安業務は、キャビンアテンダントの業務の中でも最も重要な仕事と言えます。

というのも、保安業務はお客様の命に直結する仕事だからです。

キャビンアテンダントが行う保安業務としては、下記のようなものが挙げられます。

  • 搭乗前の機内確認(忘れ物や不審物のチェック、荷物棚やトイレが正しく動くかなど)
  • 飛行機のドアの開閉操作
  • 非常用の設備案内
  • 離発着前の安全確認(手荷物の収納状況やシートベルトの着用など)
  • 急病人への救急処置
  • 天候悪化時の機内の安全確保

キャビンアテンダントはお客様に快適な空の旅を楽しんで頂くだけではなく、保安要員として機内の安全を守る責任があります。

 

この他にも、万が一ハイジャックなどの緊急事態が起きた場合には、キャビンアテンダントがお客様を適切に誘導する必要があります。

そのような不測の事態に備え、キャビンアテンダントは常に冷静に物事を判断する力も必要といえます。

 

キャビンアテンダント(CA)一日の仕事スケジュール

キャビンアテンダントの1日の仕事スケジュールは、担当する便によってその日ごとに異なります。

実際に飛行機に搭乗するのは1ヶ月に約20日ほどで、休日は約8〜10日ほどです。

「4連2休」というサイクルをベースに、日によって様々な仕事スケジュールをこなしています。

具体的なイメージが持てないという人は、下記のモデルスケジュールを参考にしてみてください。

 

ー国内線搭乗時のモデルスケジュールー

【6:00】起床

 ↓

【7:20】出社・打ち合わせ

 ↓

【7:40(乗務)】搭乗(機内確認、パイロットや地上係員と打ち合わせ)

【8:00(乗務)】旅客搭乗

【8:20(乗務)】出発

【9:00(乗務)】機内業務(ドリンクの配布など)

【10:00(乗務)】到着、以降夕方頃まで(乗務)を3〜4便繰り返す

 ↓

【16:00】到着、事務所で1日の振り返り

【17:00】宿泊先ホテル着

【22:00】就寝

 

キャビンアテンダントは一般的な会社員とは異なり、担当する便によって日々の出社時間や勤務終了時間が異なります。

到着地のホテルに泊まったり自宅に帰れる日があったりと、乗務終了後の過ごし方も様々なのが特徴です。

 

客室乗務員に求められること

空の上という特殊な環境で仕事を行うキャビンアテンダントには、どんなことが求められるのでしょうか?

キャビンアテンダントに求められる4つの項目についてまとめてみました。

 

接客対応

キャビンアテンダントには、お客様一人ひとりの様子を敏感に察知して行動する接客対応スキルが求められます。

体調の悪いお客様がいたらさりげなく声をかける、困っていそうなお客様がいたらすかさずフォローを入れるなど、細やかな気配りが重要です。

 

自己管理能力

上記でも説明したように、キャビンアテンダントは日々の生活リズムが担当便によって異なるため、生活リズムが不規則になりがちです。

そのような環境下でも体調や時間の管理をしっかりと行える、高い自己管理能力が求められます。

 

チームプレー

お客様に安全で快適な空の旅を過ごして頂くには、パイロットやグランドスタッフ、また整備士など、他の従業員といかに連携できるかが非常に重要です。

そのため、キャビンアテンダントには協調性を持ってチームプレーを意識する姿勢が求められます。

 

礼儀正しさや好感度

お客様と密に関わるキャビンアテンダントは、礼儀正しさや好感度に難があると、企業イメージをも損ないかねません。

正しい言葉遣いで会話ができているか、丁寧なお辞儀ができているかなど、キャビンアテンダントには常に礼儀正しい振る舞いが求められます。

またハキハキとした挨拶や笑顔も、キャビンアテンダントの好感度の高さにつながります。

 

まとめ

華やかな一面だけでなく、お客様の安全を守る重要な業務をこなすのもキャビンアテンダントの仕事の一環です。

憧れのキャビンアテンダントを目指すためにも、今回紹介した内容を参考にしてキャビンアテンダントの仕事への理解を深めてみてください。