エアラインスクールとは

航空業界への就職を目指す人なら、どこかで「エアラインスクール」のことを耳にしたことがあるではないでしょうか。

「就職に有利になるのなら通いたい」「行くメリットを知りたい」と考えている人も多いはずです。

エアラインスクールでどんなことを学べるのか、なぜ就職に有利なのかを解説します。

 

エアラインスクールとは

エアラインスクールとは、航空業界で働きたい人が就職や実務に役立つスキルを学ぶ学校のことです。

つまり航空業界向けの就職予備校で、日本国内にはたくさんのエアラインスクールがあり、

キャビンアテンダント(CA)やグランドスタッフ(GS)などを多数輩出しています。

 

航空業界はいつの時代も就職先として人気が高く、夢を叶えるにはかなり倍率の高い選考を突破しなくてはなりません。

そのためには試験や面接で高得点・高評価を得られるように万全の対策を立てて臨む必要があり、

エアラインスクールでは内定につながるさまざまなノウハウを提供しています。

エアラインスクールの運営形態には次のようなものがあります。

 

  • 航空会社の系列スクール
  • 教育系の企業が運営するスクール
  • 企業グループなどに属さない独立系スクール
  •  

エアラインスクールで行うこと

航空業界で行われている採用試験の内容は一般企業とさほど大きな差はありません。

ただし英語を含む語学力やコミュニケーション能力、さらに第一印象が重要視されるという特徴があります。

エアラインスクールでは、就職試験対策として次のようなカリキュラムが組まれています。

 

  • 進路相談
  • 航空業界に関する専門知識の習得(観光や地理に関することなど)
  • 英語・語学(TOEIC対策など)
  • エントリーシート対策(自己分析・自己PR・志望動機・企業研究など)
  • 試験対策(筆記試験やSPIへの対策など)
  • 面接対策(グループディスカッションや面接対策など)
  • 個人スキルアップ(メイク・マナー・発声など)
  • OB OG現役CA&GS交流会
  • モックアップ体験
  • 一般企業向け面接対策

 

このほか、実技研修、空港施設見学など独自のカリキュラムを組んでいるスクールも少なくありません。

 

エアラインスクールに通うと採用に有利になる

航空業界を目指す多くの人がエアラインスクールに通うのは、採用に有利になるからです。

それはスクールが航空業界から求められる人物像を熟知したうえで適切なカリキュラムを組み、

効率的にスキルを学べる環境を提供しているからにほかなりません。

エアラインスクールが就職に有利になる理由を具体的に解説します。

 

スクールによっては“推薦制度”がある

エアラインスクールの特徴として、航空業界とのつながりが強いことがあげられます。

大手航空会社が運営するスクールや卒業生が多数活躍している実績のあるスクールには、

優秀な生徒を企業へ推薦する制度を設けているところが少なくありません。

推薦をもらえれば必ず合格するとは限りませんが、ひとつのアドバンテージだといえるでしょう。

 

さらに毎年のように航空業界へ人材を送り込んでいるスクールなら、

会社ごとの特徴や過去の試験の情報なども得やすくなります。

客観的にみて自分に合う企業に推薦してもらえれば、採用の確率アップが期待できます。

 

採用基準をプロの視点から指導してもらえる

就職への近道は、業界や企業から求められる人物像や採用基準を知ったうえで必要とされるスキルを身につけることです。

しかし個人の判断で方針を立てるのは難しく、方向性を誤ってしまうことが少なくありません。

面接で高く評価されるにはどうすればいいのか、どんな考えを持った人物が好まれるのかを把握するには、

経験豊富なプロの力を借りるのがもっとも効率的な方法です。

 

エアラインスクールでは、数多くの人材を送り込んできた実績から個人の「強み」や「足りないもの」を教えてもらうことができます。

プロから指導を受けることで長所を伸ばし短所を補えば、採用への距離をぐっと縮めることが可能です。

 

指導講師は元客室乗務員などの経験者

エアラインスクールでは、実際に客室乗務員(キャビンアテンダント)や

グランドスタッフとして勤務していた実務経験者が講師を務めています。

採用試験にパスした秘訣や勉強のポイントを学べるのはもちろんのこと、

実際の現場で求められるスキルや心構えについてもリアルに知ることができます。

また、実際に夢を叶えた人と直に接することが大きなモチベーションアップになるのは言うまでもありません。

実務の様子や勤務中の忘れられないエピソードを聞けば、より具体的に将来をイメージでき、合格につながります。

 

基礎的な業務を遂行できると判断される

エアラインスクールで学んだ経験があると、採用試験のときに「業務遂行に必要なスキルや仕事に対する心構えを身につけている」と

判断されます。

航空業界で必要なスキルは語学やマナーなど多岐にわたるため、まったく身につけていない人よりもリードできるのは間違いありません。

 

まとめ

現役のキャビンアテンダントやグランドスタッフでエアラインスクールに通った経験を持つ人は少なくありません。

航空業界で求められるノウハウやスキル、そしてマインドを的確に学べるからです。

エアラインスクールでの講義は、苦手なことを克服したい人はもちろんのこと、自分に何が足りないのか知りたい人にも役立ちます。

航空業界への就職をめざす人は、エアラインスクールで学ぶことを視野に入れてみてはいかがでしょうか。