グランドスタッフを目指す人が持っておきたい「語学力」や「学歴」とは ?

グランドスタッフは空港内で接客業務に携わるスタッフのことです。グランドホステスとも呼ばれ、キャビンアテンダントに次いで憧れの職業の1つとされています。今回はグランドスタッフを目指す方にとって気になる、必要な「語学力」や「学歴」について紹介します。

 

グランドスタッフになるために必要な学歴

 

就職先としての競争率が高いグランドスタッフは「高学歴を必要とする」とのイメージを持っている方もいるのではないでしょうか。そのイメージに反して、グランドスタッフは特に学歴が問われる仕事ではありません。

 

実際にグランドスタッフとして活躍している人は大学卒・短期大学卒・専門学校卒など、その学歴は様々です。

 

専攻した学科も必ずしも航空業界に特化したものでもなく、一般的な大学で専攻する学科出身の人も少なくありません。また大学・短大も特に偏差値・知名度が求められるわけでもありません。

 

経歴も新卒者だけでなく既卒者・社会人など、キャリアは様々です。

 

グランドスタッフの場合、昨今は直接雇用ではなく航空会社の系列・グループ会社、派遣会社から派遣されているスタッフも多くなっています。

 

また地方の空港の場合、航空会社系列の観光会社・バス会社などからグランドスタッフを募集しているケースもあります。

 

このようにグランドスタッフになる為には必ずしも大卒である必要はなく、実際に働いている人の学歴・経歴は様々です。

 

グランドスタッフになるための大学選び

 

グランドスタッフになるには一部の航空会社は除き高校卒業後すぐに就職はできず、大学や専門学校等の進路に進む必要があります。

 

いずれに進むにしてもそれぞれにメリットがありますが、グランドスタッフを目指すならそれを見据えた学校を選択したいもの。では大学への進学を考える場合はどのような学校・学部を選択すれば良いのでしょうか。

 

グランドスタッフになる為に大学を選ぶ際は以下の学部がある学校がおすすめです。

 

·       観光ビジネス学部

·       国際コミュニケーション学部

·       国際観光学部

 

上記の学部で航空業界や観光について学ぶことができます。大学を選択するメリットは、航空業界・観光の専門知識だけでなく、それ以外の一般的な知識・教養を身に付けることができる点です。

 

グランドスタッフは接客業ですから、専門知識は当然ながら、それ以外の幅広い知識・経験というものがトータルで求められます。その意味では大学生活で学んだことや経験は大いに役立つといえるでしょう。また正社員として雇用される際に、学歴が給与に反映される場合がある点もメリットといえます。

 

グランドスタッフになるための専門学校がある

 

グランドスタッフ専門学校では、航空業界をはじめ、旅行・観光業に関連する内容に特化した授業を受けることができます。より専門的なことが学べるため、当然ながら就職には有利です。

 

専門学校だけに、業界に特化したセミナーやインターンシップ等の就業体験ができるところもあります。航空業界の情報も多く、航空関連会社とのコネクションが強いところも就職活動ではアドバンテージになるでしょう。就職後も大学卒よりも即戦力としての期待が持たれます。

 

その他、同じ目的を持った仲間が集まる為、モチベーションの向上にも良い影響を与える事ができます。グランドスタッフを目指すなら、専門学校進学の選択はおすすめです。

 

グランドスタッフになるための学校選びのポイント

 

グランドスタッフに必要な学歴は必ずしも大卒でなければならないというわけではなく、基本的に大学・短大・専門学校いずれかを卒業していれば、特に学歴という点で問題はないでしょう。

 

ただ早くから「グランドスタッフになる」「航空業界で働く」という目標がある場合は、専門学校がおすすめです。専門的な知識を早くから身に付けることができますし、若いうちから就職することも可能です。業界を問わず、就職する際の年齢は基本的には若ければ若いほど有利です。

 

特に明確な目標が無い場合、もしくは迷っている場合は大学への進学が一般的な選択といえるでしょう。

 

専門学校卒であれば就職時に基礎的な知識がある点が有利となりますが、大学卒もしくはそれ以外の経歴を持っている場合も、それまでで得た経験などをグランドスタッフとして活かすことができます。

 

大学に行く目的が見当たらなければ専門学校がおすすめ

 

「航空業界への進路は考えているけど、大学に行く目的がない」という方であれば専門学校がおすすめです。

 

専門学校では以下のメリットがあげられます。

 

・就職までの期間が短い

・大学よりも学費が安い

・収入面で差が付く

・航空業界に特化した専門知識を身に付けられる

・同じ目的の仲間を作れる

 

専門学校は2年制です。航空業界・グランドスタッフとしての進路が明確なのであれば大学へ行くよりも早く就職することができます。またその分学費を抑えることもできます。

 

就職後の給与面でもメリットがあります。大卒者と専門卒者の給与差はさほど大きくありません。大卒の新卒者と比べても2年のキャリアの差が生まれます。その点は専門学校卒が有利と言えるでしょう。

 

航空業界専門の先生からより専門的な授業を受けることができます。また同じ目標を持った仲間と同じ時間を過ごすことはモチベーションの向上につながります。

 

 

グランドスタッフになるために必要なスキル

 

グランドスタッフとして求められるスキルはいくつかありますが、その中でも重要なのが語学力と体力です。

 

英検2級またはTOEIC550点程度の英語力

 

空港は日本人だけでなく海外の方も利用します。特に主要都市の空港は、国内線であっても外国人の利用者数は少なくはないでしょう。したがってグランドスタッフもある程度の英語力が求められます。

 

多くの航空会社では一定の英語力を応募条件として設定しています。例えばJALでは英検2級、もしくはTOEIC550点以上、ANAでも同等の基準を設けています。

 

TOEIC運営団体によるスコアデータ「TOEICレジスタードマーク Program DATA & ANALYSIS 2019」によれば、2018年度の大学生の平均スコアは567点です。つまりそれほど高い英語力は必要ありませんが、少なくとも平均程度の英語力は必要ということになります。

 

不規則でハードな業務に耐えられる体力も必須

 

空港関連の業種はどのセクションも早朝・深夜を含むシフト制を設けているのが殆どです。グランドスタッフも同様に早朝・深夜のシフトが組まれます。また空港内は広く、想像以上の距離を移動します。

 

したがって、想像以上に体力的に消耗する仕事だといえるでしょう。当然ながら繁忙期はかなり忙しくなります。グランドスタッフにはハードな業務に耐えられる体力が求められます。

 

まとめ

 

グランドスタッフになるのに、必ずしも大卒である必要はありません。様々な学歴、経歴の人が働いています。それでも航空業界への進路を決めているのなら、やはり航空業界系の専門学校は有利です。IAAはキャビンアテンダント・グランドスタッフを目指す方の為の専門学校です。数多くの人材を30年以上に渡って排出してきたIAAがあなたの夢をサポートします。